Fukushima Water Release

福島第一原発における処理水の放出

多核種除去設備(ALPS: Advanced Liquid Processing System)

2021年4月、日本政府は、東京電力福島第一原子力発電所に貯蔵されている処理水の取扱いに関する基本方針を発表し、国内の規制当局の認可を条件として、サイト周辺の海に処理水を放出することとしています。その直後に、日本政府は、処理水の放出に関する計画や活動が安全かつ透明性の高い形で実施されることを確保するために、IAEAに対してモニタリングとレビューの支援を要請しました。IAEAは、全世界にわたって高い安全性を調和させるものであり、人と環境を守るための世界的な基準としても位置づけられるIAEA安全基準に照らして、このレビューを実施することにしています。

IAEA事務局長は、日本及び国際社会に客観的かつ科学的根拠に基づく安全性レビューを提供するために、タスクフォースを立ち上げました。

IAEAによる日本への支援は、今後数十年にわたって行われる処理水の放出活動がIAEA安全基準に合致しているかどうかを評価するための技術的なレビューと継続中のモニタリングにより構成されます。このレビューは、日本が提出した資料と現地での技術的なミッションに基づいて行われ、IAEAは、日本の計画について、以下の主要な安全要素を検証することとしています。

  • 放出される処理水に含まれる放射性物質の特性評価
  • 使用される機器及び適用・遵守すべき基準を含む、処理水放出プロセスの安全に関する側面
  • 人と環境を守るための放射線環境影響評価
  • 放出に伴う環境モニタリング
  • 放出計画の認可、検査及び継続的な評価を含む規制面の管理

さらに、IAEAは、日本政府の公表データを検証するために、処理水及び環境中の放射性物質のモニタリングを独立した立場において実施する予定です。この作業は、IAEA及び第三者の研究所との協同で行われます。

国際専門家によるIAEAタスクフォース

IAEAタスクフォースは、技術支援のプログラムを監督し、処理水の放出に関する計画や行動をレビューするために設置されました。タスクフォースは、IAEAの各部門や各研究所の職員と、アルゼンチン、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、マーシャル諸島、韓国、ロシア連邦、英国、米国及びベトナムから、多様なバックグラウンドを持つ国際的に認められた11人の専門家により構成されています。タスクフォースのメンバーは、出身国の立場ではなく、IAEAが管理する国際的なチームの一員として働くことになります。このタスクフォースは、IAEAの安全基準を参照し、客観的かつ科学的根拠に基づいた方法でレビューを行い、国際社会に対して透明性と信頼性のあるメッセージを伝えることに貢献する予定です。

IAEAは、本プロジェクトによる日本への支援を2021年に開始し、処理水の放出前・中・後にわたり支援を行うというIAEA事務局長の約束に沿って、長年にわたり継続される予定です。IAEAの技術的なレビューの大部分は、国内の規制当局の承認を得て2023年に開始されるであろう処理水の放出前に完了する予定です。他方、継続的なモニタリングと定期的なレビューの活動は、その後にも継続される予定です。

しかし、福島第一原発には、なぜそのような水が保管されているのでしょうか? なぜ、処理によってすべての放射能の痕跡を取り除くことができないのでしょうか? そして、IAEAは、どのようにして日本を支援するのでしょうか?  

このようなご質問に対する回答をこちらにまとめました。ご参照ください。

Stay in touch

Newsletter